ホーム エネルギー 知る、学ぶ。「太陽光発電」

知る、学ぶ。
「太陽光発電」

最も身近な再生エネルギーといえば「太陽光発電」ではないでしょうか。まちでは設置している住宅をよく見かけるようになりました。

日本における導入量は、近年着実に伸びていて、導入実績は中国・ドイツとともに世界をリードしています。まさに日本を代表する再生可能エネルギーです。

太陽光発電の特長

エネルギー源は空から降り注ぐ太陽の光。太陽が空に出ている限り発電が可能なため、基本的には設置する地域に制限はありません。

太陽光が当たることで発電するシリコン半導体などをソーラーパネルとして取り付けることで、半導体素子が直接電気に変換して発電します。仕組みが単純で管理がしやすく、導入のハードルが低いというメリットがあります。

発電時に二酸化炭素などを出さないため、環境にやさしい、クリーンで持続的なエネルギーとして世界中で注力しています。

太陽光発電の課題

太陽光発電の普及と比例して、課題も目立つようになってきました。不適切な設計で台風や豪雨でパネル破損が起きる事例も。導入の際は、地域の特性をよく理解し実績のある業者えらびが大切です。

今後、主力電源として期待される一方、「地域との共生」「安全性の確保」「長期にわたる安定的な電気の供給」が重要課題です。

いま最も懸念されるのは、太陽光パネルの大量廃棄へのアプローチ。

一般的な太陽光パネルの保証期間は20年ほどですが、イコール寿命ではありません。保証期間終了と同時に廃棄するのではなく、適切なメンテナンスで30年、40年と使うことで廃棄量を半分にすることができます。

やまとも、太陽光発電の販売・施工だけでなく、その先を見据え、いち早くメンテナンス部門を確立しています。これからもできる限り設備を良い状態に保ち、長く発電できるよう、やまと長期の事業継続をお手伝いいたします。

この記事を書いた人:みちよ

この記事をシェア!