ホーム エネルギー 知る、学ぶ。「グリーン電力証書・Jクレジット・非化石証書」とは?

知る、学ぶ。「グリーン電力証書・Jクレジット・非化石証書」とは?

新たな電力会社を探すと時折見かける「グリーン電力証書」。CO2を排出していない「環境価値」の高い電気を証明するものです。同じく環境価値を切り離し、証書として発行するものに 「J-クレジット」「非化石証書」があります。

今回は3つそれぞれのメリットや違い、今後の課題などについて解説します。

「グリーン電力証書」とは?

太陽光・風力・水力・バイオマス・地熱などの自然エネルギーでつくられた電気の環境価値を証書化したものです。第三者機関(一般財団法人日本品質保証機構)の認証を得て、グリーン電力証書発行事業者が発行します。

グリーン電力証書を購入するメリット

❶発電設備を持っていなくても、再生可能エネルギーの普及に貢献できる

❷CDP、RE100などの地球温暖化に関する環境報告書に再エネ使用量やCO2削減量として報告できる

❸企業広告や製品・サービスのPRに幅広く使える

みちよ

②「CDP」はロンドンに本部を置く、企業の環境活動に関する情報を収集・分析・評価し、機関投資家向けに開示している国際的な非営利団体です。

「J-クレジット」とは?

太陽光発電などの再生可能エネルギー発電や省エネルギー設備の導入で減らすことに成功したCO2の削減量を、「J-クレジット」という形で国が認証したものです。

【J-クレジットのメリット】

❶温室効果ガスの削減目標達成に活用できる

❷温対法での報告やカーボン・オフセットなどに活用できる

❸環境面に取り組んでいる企業としてアピールできる

みちよ

②「温対法」とは、地球温暖化対策の推進を目的に1998年に公布されたもの。「カーボン・オフセット」は、日常生活や企業等の活動で発生するCO2を、森林による吸収や省エネ設備などの他の場所の削減分で埋め合わせする取り組みのことです。

「非化石証書」とは?

石炭・石油などの化石燃料を使用していない非化石電源からつくられた電気であることを証明するもので、 2018年に創設された非化石価値取引市場で売買されています。はじめはFIT電源を対象とした「FIT非化石証書」に限定されていましたが、2020年度から新たに非FIT非化石取証書の市場取引が開始されました。

【非化石証書のメリット】

❶SBT、CDP、条件付きでRE100など、国際的なイニシアチブの使用報告書に活用できる

❷世界にも企業の環境価値をアピールできる

❸販売収益が再エネ賦課金の値下げに使われるので国民の電気料金負担軽減につながる

みちよ

①「SBT」とは、パリ協定の水準に整合する企業における温室効果ガス排出削減目標のことです。

それぞれの違いと今後の活用方法

「グリーン電力証書」「J-クレジット」「非化石証書」の違いは以下のようになります。

発行元や購入方法など異なる点はありますが、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出量を削減し、地球温暖化対策に貢献するという役割は共通です。今後はさらに、企業に環境価値を意識した真摯な取り組みが求められます。発電設備をもっていない企業もあきらめず、ぜひよく理解し、上手に活用してみてください。

この記事を書いた人:みちよ

この記事をシェア!