ホーム エネルギー 知る、学ぶ。「バイオマス発電」

知る、学ぶ。
「バイオマス発電」

「バイオマス」は動植物などから生まれた生物資源のことで、一般に化石燃料を除くものを総称しています。

技術開発が進んだ現在では、さまざまな生物資源が有効活用されています。代表といえるのが、間伐材や建築現場の廃材などの木質系バイオマス、牛や豚、鶏などの糞尿などの家畜系バイオマス、生ゴミや食品廃棄物などの食品系バイオマスです。

このエネルギー源を燃焼したり、あるいはガス化して燃料したりして発電するしくみを「バイオマス発電」といいます。

抑えておきたい「カーボンニュートラル」

燃料を燃やすとCOを発生するのではと思われるかもしれませんが、バイオマス発電は「カーボンニュートラル」という考え方で、クリーンな再生可能エネルギーと位置づけられています。

これは、バイオマスは燃料する際にCO2を排出しますが、もともとそのCO2は植物などが成長する過程で大気中から吸収したものであり、トータルとしてはCO2の量は変化していないという考え方です。

「バイオマス発電」は燃焼を行なっても、結果的に待機中のCO2の増加にはつながらない発電方法とされています。

バイオマス発電のメリット

バイオマス発電はさまざまなメリットがありますが、1つ目は「環境貢献」です。家畜の排泄物や生ゴミ、廃材などを再利用することで、循環型の社会に貢献できます。過密になった森林から余分な木を間引くことで生じる間伐材を有効活用できるので、森林資源の保護にもつながります。

2つ目は「安定供給」です。太陽光や風力といった自然環境に左右される電源とちがい、安定した発電量が見込めます。エネルギー源の多様化やリスクの分散という点でも大きな意味があります。

3つ目は「地域の活性化」です。地域にあるバイオマス資源を活用することで、エネルギーの地産地消に非常に効果が高い発電方法で、地域の活性化につなげることも可能です。

バイオマス発電のデメリットとこれから

デメリットは資源とコストの問題です。排出される資源をあつめ、運搬し、さらに管理しなければなりません。

加えてバイオマス発電は、資源に合わせて発電施設が異なりますので、小規模分散型の設備になりがちであることも課題とされています。

しかし、それを逆手に地産地消型や広域型の発電施設としての利用方法も検討されています。

エネルギー問題だけでなく、廃棄物や資源の問題解決など、さまざまな可能性をもつバイオマス発電は、今後の発展に大きく期待されています。

この記事を書いた人:みちよ

この記事をシェア!