ホーム 太陽光 知る、学ぶ。自家消費型太陽光発電と「PPA」「PPAモデル」

知る、学ぶ。自家消費型太陽光発電と
「PPA」「PPAモデル」

太陽光発電の導入を検討していると、「PPA」や「PPAモデル」という言葉に出合うかと思います。今回はこの2つの違いと、自家消費型太陽光発電との関わりについて解説します。

「PPA」と「PPAモデル」は何がちがう? 主流は?

【PPA】とは?

PPAは「Power Purchase Agreement」の略で、売電事業者と需要家が直接、電気の売買契約を結ぶこと。これにより需要家は「再生可能エネルギーの指名買い」ができるようになり、「100%太陽光発電由来の電気」を称することができます。

【PPAモデル】とは?

電力の需要家が敷地や屋根などのスペースを提供し、そこにPPA事業者が太陽光発電システムなどの発電設備を無償で設置、需要家は発電した電力を自家消費し、その分の電気料金をPPA事業者へ支払うという仕組みのこと。

今の日本では、電力の供給のインフラや法制度などの問題で、本来の「PPA」は実現できません。需要家が選択できるのは「PPAモデル」のみで、主流は「PPAモデル」ということになります。

「PPAモデル」を導入するメリット

①初期投資・管理コスト0(ゼロ)

太陽光発電の設備および設置費用はPPA事業者が負担します。また、契約期間中のメンテナンスもPPA事業者が行いますので、需要家は初期投資や管理コストがかかりません。大きな初期投資が必要な太陽光発電設備設置において、最大のメリットです。

②事務負担0(ゼロ)

設置した太陽光発電の所有者はPPA事業者ですで、需要家に資産計上や減価償却など経理事務の手間も発生しません。

みちよ

日常で変わるのは、電気代の支払先だけ!

③環境貢献、RE100加盟・SDGs達成の後押しに

発電・消費する電力は、CO2排出量が少ない自然由来の再生可能エネルギー。そのため、RE100に加盟するための条件として、またSDGsの目標達成に貢献しているアピール材料として、活用できます。

みちよ

「RE100」や「SDGs」についても記事を書いていますので、ぜひお読みください!

「RE100」。”>「RE100」についてはこちらの記事をご覧ください

「SDGs」とは”>「SDGs」についてはこちらの記事をご覧ください

④契約満了後は設備が譲渡される

譲渡条件は事前によく確認する必要がありますが、一般的には取り付けた設備は契約満了後に無償で譲渡されます。契約満了後も発電した電気は、引き続き自家消費に利用できます。

PPAモデル導入のための施工業者の選び方

もし自家消費型太陽光発電を検討中で、PPAモデルを導入したいという方は、施工業者選びは慎重に。一般的にPPAモデルは契約が10年以上と長期間になることがほとんどです。契約満了後も安心して長期発電を行うためにも、契約期間中からその後の“メンテナンスまでしっかり行ってくれる”、また“実績があり”“透明性の高い長期シミュレーションを出してくれる”施工業者をお選びください。

今回は、脱炭素社会に向けた活動が活発な今、今後も拡大が見込まれる「PPAモデル」について解説しました。次回はさらにもう一歩進んだ「オンサイトPPA」「オフサイトPPA」についてお話ししたいと思います。

みちよ

ぜひ一緒に学びをふかめていきましょう。
それでは、また次回!

この記事を書いた人:みちよ

この記事をシェア!