ホーム エネルギー 知る、学ぶ。「RE100」。

知る、学ぶ。
「RE100」。

「RE100」とは企業が自らの事業の使用電力を100%再生可能エネルギーでまかなうことを目指す国際的なイニシアチブ(積極的な取り組みの枠組み)です。

英語の「Renewable Energy 100%(再生可能エネルギー100%)」の頭文字をとって、「RE100(アールイーヒャク)」と呼ばれています。

企業によるCO2削減の取り組みであり、名だたる国内外の有名企業が参加しています。

加盟企業は将来的に事業運営を100%再生可能エネルギーでまかなうことを宣言する必要があり、多くの企業がいつまでに何%達成という期限もあわせて宣言しています。

事業電力を100%再生可能エネルギーにするには?

現状、日本での再生可能エネルギーを調達する方法は大きく分けて3つ。

1つめは「再生可能エネルギーを自ら発電する」方法。2つめは「再生可能エネルギーを購入する」方法。3つめはグリーン電力証書などの「環境付加価値の証書を購入する」方法です。

このほかRE100加盟には高い基準や、毎年報告書の義務などがあり、事業電力を100%再生可能エネルギーにすることは簡単ではありません。

日本でも電気を選ぶ時代へ

これまで日本では、九州であれば「電気=九州電力」というように住んでいるエリアの決まった電力事業者から電力を購入するのが当たり前でした。

しかし、2016年4月1日から日本でも電力小売事業が全面自由化され、どこの電力会社から電気を買うか、自由に選べるようになりました。

事業電力を100%とまでいかなくとも、再生可能エネルギーの発電が多い事業者を選ぶことはできます。

事業電力を100%再生可能エネルギーにすることも、RE100加盟にすることも素晴らしいことですが、企業として、個人として、どのような電気をえらび、どのような未来へつなげたいのか、向き合うことが大切です。自由な選択だからこそ、その責任とじっくり向き合ってみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人:みちよ

この記事をシェア!