ホーム その他 ファッション視点で考えるSDGsサステナブルファッション

ファッション視点で考えるSDGs
サステナブルファッション

梅雨があければ、あっという間に夏ですね。先日ようやく衣替えをしたところ、 好みやトレンド(あと体型も)が変わって着なくなった服がちらほら。 断捨離を思い立つも、捨てるのもしのびない、売るのも面倒と、あれやこれやと服の処分方法を思案しながら調べるうちに「サステナブルファッション」へたどり着きました。同時に、ファッションに関わるかなしい現実にも。今回は、毎日の暮らしに欠かせない「服」について、考えます。

みちよ

SDGSについてはこちらでもご紹介していますので、おさらいにぜひ。

知る、学ぶ。「SDGs」とは

アパレル業界と環境の今

わたしたちの日常の、あらゆる方面で持続可能な社会への取り組みが進む今。アパレル業界も例外ではありません。むしろ環境への気運はかなり高まっています。その背景には、環境への課題が山積みな現実が。代表的な課題の2つに注目しました。

1.環境への負荷が大きい
服を1着つくるために大量に資源が使われていること、ご存知でしたか? 原料となる植物などの材料だけでなく、その栽培や染色のために大量の水がつかわれ、あまった生地は廃棄物に。製造プロセスではCO2が排出されています。
2.衣服ロスが大量に発生
現在、日本における衣類廃棄料は、年間約100万トン(※※独立行政法人 中小企業基盤整備機構調べ)です。服の単価は年々安くなり、大量生産・大量消費がさらに拡大しています。1人あたりが年間に購入する枚数は平均して約18枚、手放す服は約12枚、着ないままねむっている服が25枚あると言われています。

さよならした服たちはどこへ?

手放した服たちはどのような最後を迎えているのか、調べてみました。個人的には、世間のフリマアプリなどの認知度もあがり、リサイクル意識も高くなったと感じていました。しかし、実際はリサイクルへまわる服は14%、リユースされる服は20%と、再活用される割合は半分にもみたない34%でした。ほとんどは可燃ごみ・不燃ごみとして廃棄され、その割合は68%にも。服がごみとして廃棄されると、再資源として活用される割合はそのうちの5%ほどで、そのほか年間48万トンは焼却・埋め立て処分されています。この48万トンを換算すると毎日、大型トラック約130台分の服が、焼却・埋め立てされていることになります。この処理にももちろん、前述の通り環境への負荷が生じています。

サステナブルファッションを楽しもう!

ファッションの生産から流通まで、環境や社会に配慮した取り組みである「サステナブルファッション」。アパレル業界や関わる企業だけでなく、わたしたち消費者にも今すぐ取り組みることがあります。5つ紹介します。

1.今もっている服を長く大切に

もっている服を1年長く着ることで、日本だけで4万トン以上の廃棄量が削減できます。

2.リユース(再利用)でファッションを楽しもう

古着を購入したり、1年に数回しか着ないような服は、シェアリングやレンタルサービスを利用しましょう。


3.本当に必要なもの・好きなものを選ぼう

クローゼットの服を把握して、必要なものだけを。トレンドだけを追わず、長く着られるデザインや品質を選びましょう。

4.服のつくられ方を知ろう

素材や生産ルートを確認しましょう。商品のタグやラベルを見たり、ブランドのサイトなどにアクセスして。

5.服を再活用して資源にしよう

古着回収を行っているお店や、住んでいる自治体の古着回収方法を調べてみましょう。ゴミとして廃棄・焼却されなければCO2の削減に。

毎日の暮らしに必要な服。知ること、考えることで、持続可能な社会への取り組みに参画できます。食べものを選ぶように、どんな素材か・どんなつくられ方をしているのか、当たり前に考えられる習慣を身につけていきたいですね。

この記事を書いた人:みちよ

この記事をシェア!