ホーム やまとの電気 卒FIT後に「やまとのFIT」を選んだら

卒FIT後に「やまとのFIT」を選んだら

太陽光発電のFITが終了したら、打つ手は2つ。売り続けるか、蓄電システムを導入するか、です。卒FIT後の余剰電力の売り先を検討中の方に、「やまとのFIT」をご紹介します。

卒FITとは?

2009年11月に始まった「余剰電力買取制度」。家庭などの太陽光発電の余剰電力を一定の価格で買い取ることを、電気事業者に義務付けたものです。その後2012年7月に「固定価格買取制度(FIT)」に移行しました。

買取期間は10年間(設備容量10kW未満の太陽光発電の場合)。制度がスタートしたと同時に売電を始めた人たちは、2019年11月(2009年11月の10年後)には買取期間の満了を迎えました。

かんまり

期間満了を迎えた、つまりFITを卒業することは、「卒FIT」と呼ばれています

やまとでは卒FIT後の太陽光発電の活用方法の一つとして、余剰電力買取サービス「やまとのFIT」を九州エリア(離島除く)限定で提供しています。FITから「やまとのFIT」に移行することで何が変わるのかを解説します。

売電価格が変わります

「やまとのFIT」の買取価格は8円/1kWhまたは10円/1kWhです(2021年1月時点)。FIT期間中と比べると下がりますが、ご利用の方に太陽光発電のメリットを実感していただけるよう、買取価格の見直しを定期的に行っています。

買取価格10円/1kWhの対象になるのは

・やまとで太陽光発電設備か蓄電池を購入された方
・「やまとの電気」をご利用の方(※電気のご利用状況によってはお申し込みいただけない場合があります)

買い取り金額のお支払いは4カ月に1回

FIT期間中は買い取り金額が毎月支払われていたのに対して、「やまとのFIT」の4カ月に1回(1月、5月、9月)というのはちょっと寂しく感じるかもしれません。
事務的なコストを削減し、お客さまに還元するためというやまとの事情ではありますが、ここは前向きに、4カ月に1回まとまった金額が入ってくると思っていただければ幸いです。

面倒な手続き、費用負担、工事なし!

そのほかは何も変わりません。原則、工事も発生しません(※)。手続きにかかる事務手数料もありません。
※電力用メーター(計量器)のスマートメーターへの取替が必要な場合があります。
卒FIT後も、できるだけ高く売電したいとお考えであれば、比較検討してください。

やまとのFIT webページ
この記事を書いた人:かんまり

この記事をシェア!